think for the future;desaster prepardness

防災と社会をつなぐハブに

message

私たちは2018年に結成をし、災害・防災という社会課題の解決に立ち上がり、
2019年に一般社団法人「防災ガール」のアクセラレータープログラムに参加し、
彼女たちの経験スキルを吸収しつつ、ビジネスモデルの立案を行なっていました。

BOSAI START UPにて選考メンバーに選出され、世界防災フォーラムでの登壇等もさせていただき、
2020年の初めには、「防災×研修」サービスを創出し、民間企業に対し提供しておりました。

そのような中で起こった大きな出来事が、コロナウィルスによる社会の混乱です。

私たちはコロナウィルスによる問題を目の当たりにし、
自分達が提供するサービスを見直し、そして、新たな行動を起こしたいと考えました。

それは、企業だけではなく、一般の方々に直接何か影響を与えることができるような
サービスを生み出すということでした。

それが、今回のギフトブックの始まりです。

これから、このギフトブックを通じ、災害やパンデミックへの個々人の準備、また社会課題に対しての
認知や理解を進め、この大きな課題の一助なるべく、
KOKUAは日々奔走していきます。

防災グッズ×カタログギフト

防災を中心とし、これらの関連商品をプレゼントしたくなるような”オシャレなデザイン”で、一冊のギフトブックにまとめます。商品提供者、背景にある社会課題、プレゼントする人・される人、関わる全てのセクターに、今より少し良い未来を贈るギフトブックです。

KOKUAの防災ギフトブック

3つの特徴

防災への理解を進めます

何をすべきかが、解決するための情報が、そのために世の中にはどんなグッズがあるのかを知ることができます。

ギフト化することで多くの人に防災を普及します

ギフトは、自分では買わないような、実用的で喜ばれるなものを誰かに贈ることが多い。だからこそ、これまで防災に興味のなかった方にもグッズを届けることができます。

防災に新たなきっかけを

災害が起こってから対策を進めるというきっかけがほとんどですが、そこに新たなきっかけを作り出します。大切な人にはずっと幸せでいてほしい、防災グッズだからこそ、そんな思いをギフトで届けることができる。防災を進めていく新しいきっかけを。

About KOKUA

KOKUAは、2019年にスタートをした防災・災害関連を中心としたサービスを提供するベンチャー企業です。

元々被災地でのボランティア活動を7年間続けてきた4人のメンバーで発足しており、2019年から精力的に活動開始しました。
現在は、防災×社内イベント、防災×研修、SDG“s×研修等の提案を様々な外部団体との連携によって実現しています。

少しでも多くの組織が、防災や災害に目を向けてほしいと思い立ち上がった我々は、日本を代表する社会企業の創出に向け、日々サービス開発等奔走しています。

  1. 2018

    OCT

    チーム結成。ビジネスモデルの考察
  2. 2020

    APR

    事業発足
    SEP

    株式会社KOKUAとして法人設立
  3. 2019

    APR

    一般社団法人 防災ガール主催
    アクセラレータープログラムに参画
    SEP

    東北大学災害科学国際研究所主催
    Bosai Startups in Japanで代表チームに選抜
    NOV

    世界防災フォーラムでプレゼンテーション
    DEC

    一般社団法人 防災ガール主催
    シークレットミートアップにてビジネスピッチ

yusaku izumi

泉 勇作

幼少期に神戸市にて阪神淡路大震災で被災をする。

その時の記憶は断片的だが、周りの話などから強く災害を意識して人生を過ごす。 何か自分が役に立ちたい考え、学生時代は災害ボランティアを中心に活動。

新卒で約3000名の人材ベンチャーに入社し、入社2ヶ月目で過去の新卒月間売上ギネスを達成し表彰される。 その後、転職をした会社で、広告の新規事業、ライブ配信サービスの法人向け企画、動画制作事業などを手がける。

2019年に一般社団法人防災ガールのアクセラレータープログラムに参画し、2020年、防災サービスの開発、販売を行うため独立。
チームでは事業責任者として、全体進捗管理、方針策定、意思決定を行う。

yuji hikida

疋田 裕二

学生時代に東日本大震災のボランティア活動に従事。そのことがきっかけで、NPOの事業企画や運営に携わることになり、世界には様々な社会課題があることを知る。

卒業後は「仕組みを変えることによって多くの人の生活を変えたい」と思い、新卒で大手IT企業に入社。PMやセールスエンジニアとして、大手マスメディアのデジタルトランスフォーメーションや新規AIサービスの立ち上げなどを経験。

2019年に一般社団法人防災ガールのアクセラレータープログラムに参画し、社会事業を立ち上げることを決意。
趣味は旅行やアウトドアスポーツ。自然が好き。

チームではサービス設計や技術系全般を担当する。

aoi fusaoka

房岡 葵

学生時代は東北をはじめ、様々な災害救援活動に参加。 発災して数日後には学生数百名を率いて、被災地での災害ボランティアに従事し、現地調整や現場指揮などの経験を持つ。

当時、被災された方の不安の声や、家族を心配する想いなど、様々な想いを目の当たりする。

社会人になってからはどんな時も変わらないコミュニケーションを守るために、大手通信系の会社に入社。 エンドユーザーと接する中で、実際の「声」を聞くことの大切さを痛感。社会人になってからも被災地に足を運んでいる。

チームでは当時の原体験を活かし、防災をより多くの方に広めるために、女性ならではの視点から全体の成果物に対してのフィードバックを行っている。

kazuya nakayama

中山 和也

大学時代は、NPOのボランティア団体に所属し、東日本大震災での災害救援活動をはじめ、全国各地で災害が発生する度に、最前線で活動に取り組む。

同じボランティア団体に所属していたKOKUAの代表泉に憧れ、新卒で代表と同じ3,000名の人材ベンチャー企業に入社。 部署配属後1か月で部署内月間MVPを達成。2年目からは部下を持ちマネジメント業務を担当。
その後、10,000名規模の大手新卒媒体を取り扱う企業に転職し、新卒採用に関するコンサルタント業務に従事。 全国3位の実績を残し、2020年からはKOKUAに参画。

チーム内ではオフラインの営業戦略と、メディア戦略を担当。

koki kakutani

角谷 康記

大学時代に泉と中山に出会い、同じく新卒で人材ベンチャーに入社。 入社後年間の受注社数1位をとり、営業だけではなくマーケティングにも触れる。

その後、広告代理店を2社経験しデジタルマーケティング全般を経験。 案件の中では、携わることで月間の申込数を4倍にまで引き上げ、競合他社と比較して申込数4位だった企業を申込数1位にまで引き上げた実績ももつ。

現在では、株式会社Self Leapという会社を立ち上げ、総合広告代理店として企業のマーケティング活動を支援している。

そんな中、1社目の同期である泉と中山からKOKUAの説明を受け、ビジョンに共感しジョイン。 チームでは、Web戦略設計、データ分析、広告配信、コンテンツ制作などを担当。

Please follow us...

会社名 株式会社KOKUA
代表取締役
(共同代表)
泉 勇作
疋田 裕二
設立 2020年9月
主な事業内容 ギフトの企画・制作・販売、
防災用品の企画・開発・販売・卸売、
社会問題に関する教育・研修サービス

お問い合せ内容をご入力のうえ、
送信ボタンをクリックしてください
2営業日以内にご連絡いたします

【!】お名前を入力してください
【!】メールアドレスを正しく入力してください
【!】お問い合せ内容入力してください
【!】プライバシーポリシーに同意するにチェックをしてください